渋温泉の過ごし方

渋温泉外湯めぐり

渋温泉 四番湯 渋温泉 三番湯 外湯めぐり 外湯めぐり 外湯めぐり 外湯めぐり

渋温泉街マップ

細い路地にまで石畳が敷かれたノスタルジックな渋温泉街は
そぞろ歩きをお楽しみいただくのに、ちょうど良い狭さです。
をクリックすると詳細をご覧いただけます。

渋温泉 外湯めぐりマップ 一番湯 二番湯 三番湯 四番湯 五番湯 六番湯 七番湯 八番湯 九番湯 足湯

温泉ソムリエが教える 外湯おすすめコース

渋温泉には9つの外湯があり、九湯すべて巡れば願いが叶うという満願成就の九湯巡りができます。
でも、「九湯全部入るのは大変!」「すべて巡りきれない」という人には、お悩み別コースをおすすめします。

大人にきび、 肌荒れ解消コース
三番湯 綿の湯→二番湯 笹の湯→九番湯 渋大湯
無色透明な湯の中に白い湯の花が舞う三番湯・綿の湯は切り傷やおできの“わたわた”がとれることから、 この名がついた外湯です。湿疹や病気の回復期に効果があるとされる二番湯・笹の湯で温泉成分をしっかりと吸収したあとは、 万病に効くという九番湯・渋大湯でゴール。
つるぴか 美肌入浴コース
一番湯 初湯→九番湯 渋大湯→六番湯 目洗いの湯
一番湯・初湯で温泉に体を慣らしてから、九番湯・渋大湯の天然蒸し風呂へ。天然のミストサウナでしっかり汗をかいて、 十分に毛穴を開きましょう。〆には別名「美人の湯」といわれる六番湯・目洗いの湯へ。名前のとおり、眼病にいいといわれる湯ですが、 美肌効果も期待できるなめらかなお湯ですよ。
ガンコな肩凝り 腰痛解消コース
五番湯 松の湯→四番湯 竹の湯→七番湯 七操りの湯
運動不足や日々のデスク仕事で体が凝り固まっている人は十分に体を温めてから、凝りをほぐしましょう。 神経痛や通風などにもよいといわれる五番湯・松の湯、四番湯・竹の湯で体を温めて、最後は七回入れば病が全快するという七番湯・七繰の湯へ。 湯船の中で手足を動かすのも効果的です。
冷え性、 ストレス解消コース
八番湯 神明滝の湯→足湯 のふとまる→九番湯 渋大湯
冷え性の人は温泉の反復浴をおすすめします。婦人病に効能があるという、ほのかな鉄の香りがする八番湯・明神滝の湯。 そして、のぼせず、長い時間入っていられる「足湯」も足だけの部分浴で全身の血流をよくすることができるのでおすすめです。 九番湯・渋大湯は木造りの浴槽に茶褐色の温泉が注がれた温泉情緒たっぷりの湯船。湧き出したばかりの温泉に浸かって、エネルギーチャージしましょう!

※旅のプロ「旅恋」とは
最前線で活躍する7人の女性トラベルライターの集団です。
『旅恋どっとこむ』にて独自目線の旅情報を発信しています。
おすすめの温泉や宿、観光ポイントなどを随時紹介しています。

女性トラベルライターの旅情報 「旅恋どっとこむ」 https://www.tabikoi.com/